2016.11.26.Sat
instrumental (インストゥルメンタル) グラスカップ
こんにちわ。吉野です。




本日ご紹介しますのは新しくお取り扱いがスタートしましたインストゥルメンタルのアイテム。

インストゥルメンタルとは・・・
音楽用語の一つで「ボーカルレス」という意味。
他に助けになる、役に立つ、という意味もありバンドのボーカルのように目立つのではなく、
一つのパートとしてお客様のお役に立てる会社を目指し、インストゥルメンタルという社名としました。


そんな社名から伝わってくるように、毎日の生活に寄り添ってくれるようなアイテムを展開されています。
サイケデリックでもこれからちょっとずつご紹介させて頂こうと思っておりますので、お楽しみに。


そんなインストゥルメンタルから早速ご紹介させて頂きますのはこちら。


20161126a.jpg
過去に作られた業務用グラスをイメージした磁器のフリーカップです。


20161126d.jpg
この繊細で美しい仕上がりは「エッグシェル」と呼ばれる製法で、厚さ1~1.5mm程、光を通すほどです。
これは明治初期にヨーロッパへの輸出用として考案され、現在まで受け継がれる独自の製造技術なのだそう。
卵の殻のように薄い作りでありながらも丈夫だと西欧人から絶賛されたそうです。


20161126e.jpg
冷たさも暖かさも直接手のひらに伝わり、極限まで薄いカップは口触りが大変良く、
手に馴染むデザインも手伝って飲み物の美味しさが引き立ちます。


20161126g.jpg
昔からある業務用グラスの色ってだいたいクリアで、たまにアンバーもあるかな、という感じかと思いますが、
こちらのカップは淡く優しいパステルカラー。
ホワイト、ピンク、ブルー、イエローの4色はついつい揃えたくなっちゃいますね。


20161126f.jpg
スタッキングも可能なので収納し易いのもポイントです。


20161126c.jpg

20161126b.jpg


朝、目覚めてお水を1杯飲むとき。
夜、晩酌のお供に。
そんな日常のシーンにどうぞ。




instrumental
glass cup
各1,404円
| ホーム |